AEDを使う場面

AEDの使用シナリオ

訓練用のAEDでトレーニング

AEDは現在は多くの場所に設置されているものですが、いざと言う時にはそれを何時でも使える様に訓練することが重要です。ほとんどの人が切羽詰った状況を経験していないこともあって、使ったことがないという人も大勢います。各自治体や団体等でも任意に講習会を開いたりして、実際に使い方が学べる機会も多くなりましたが、それではどうしても限界があります。そのため製造メーカーでも訓練用のAEDキットを開発して、それを普及させていたりします。具体的には、音声ガイダンスに従って行う形となっており、どういった方法で使えば良いのかが的確に解る仕組みになっています。1人でも随時行うことが出来て、しかもレンタルとしてもそれを見かけることもあります。

訓練用として販売されている

AEDは、突然に倒れた人などに対して行う応急手当で使います。実際にその場に居合わせた人が、公共の場に設置してある機器を用いて救命したという例は、今では沢山あります。突然に倒れた人に対して行う救命行為ですので、いざというときのために訓練を積み重ねることは、大切です。訓練で使用するこの機械は、訓練用なので実際には電流は流れる事はありません。しかし、それ以外は本物と同じように音声メッセージが流れたりするようになっています。訓練用といえどもよりリアルに作られているのです。また、AED使用には幾つかのシナリオがあり、その状況を想定した訓練パターンも有るのです。

AED操作を学ぶ情報

© Copyright AEDを正しく理解する. All rights reserved.